東北・北陸で記録的な風 30メートル超 - 建物診断協会『たてしん』は、地震、火災、大雨、大雪、雹、落雷などの被害にあわれた住宅の火災保険、地震保険の調査、修繕を行っております。

東北・北陸で記録的な風 30メートル超

2018年10月07日

台風25号と台風から変わった低気圧の影響で、東北や北陸で強い南風が吹き荒れて、記録的な風が吹いたところがあります。

2018/10/07 8時までに観測された最大瞬間風速は、山形県酒田市の飛島(トビシマ)で38.4メートル、新潟県佐渡市の両津(リョウツ)で37.4メートル、秋田県にかほ市で33.8メートル、山形県酒田市の庄内空港で33.4メートル、岩手県葛巻町(クズマキ)26.1メートルで、いずれも10月の1位となりました。
なお、葛巻町では最大風速16.1メートルを観測し、これは観測史上1位となりました。

※2008.2009年からの統計。葛巻の最大風速は1976年からの統計。

 

日本気象協会より

https://tenki.jp/forecaster/deskpart/2018/10/07/2329.html