北海道で震度5弱  - 建物診断協会『たてしん』は、地震、火災、大雨、大雪、雹、落雷などの被害にあわれた住宅の火災保険、地震保険の調査、修繕を行っております。

北海道で震度5弱 

2018年04月14日

気象庁によると、14日午前4時ごろ、北海道・根室地方を中心に最大震度5弱の地震があった。震源地は根室半島南東沖で震源の深さは53キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は5・4と推定される。この地震による津波の心配はないという。北海道警や第1管区海上保安本部によると、この地震による被害の報告は入っていない。

気象庁によると、震度5弱を観測したのは中標津町。根室市と浜中町、別海町、標津町、羅臼町で震度4を観測した。同庁は、揺れが強かった地域では落石や崖崩れが起こりやすくなっている可能性があるほか、今後1週間程度は同規模の地震が発生する可能性があるとして注意を呼びかけている。

 

14日午前4時ごろ、北海道で震度5弱の揺れを観測した地震について、専門家は次のように話しています。

東京大学地震研究所の古村孝志教授は「今回の地震は、陸のプレートの下に沈み込んでいる太平洋プレートと呼ばれる岩盤の内部で起きたと見られる。震源が比較的深いので、大きな余震は少ないと見られるが、今後、同じような規模の地震が起きると、再び強い揺れに見舞われるおそれがあり、注意してほしい」と話しています。

そのうえで、「北海道の根室沖ではプレートの境界付近を震源とするマグニチュード8クラスの巨大地震が過去に繰り返し起きていて、今後も高い確率で発生が想定されている。今回の地震とは発生メカニズムが異なるが、そうした巨大地震が想定されている場所だということを念頭に置いて、防災対策を進めてほしい」と話していまし

引用:https://www.asahi.com/articles/ASL4G1DF5L4FUEHF01K.html

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180414/k10011402711000.html