島根県大田市で震度5強 M6.1、断続的に揺れ続く - 建物診断協会『たてしん』は、地震、火災、大雨、大雪、雹、落雷などの被害にあわれた住宅の火災保険、地震保険の調査、修繕を行っております。

島根県大田市で震度5強 M6.1、断続的に揺れ続く

2018年04月09日

9日午前1時32分ごろ、島根県西部を震源とする最大震度5強の地震があり、中国地方を中心に広い範囲で揺れを観測した。

気象庁によると、震源の深さは12キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6・1と推定される。この地震による津波の心配はないという。

震度5強を観測したのは島根県大田市。このほか、同県の出雲市や雲南市などで震度5弱、松江市、岡山県倉敷市、鳥取県米子市、広島県三次市、愛媛県今治市などで震度4を観測した。その後も島根県西部では9日早朝までに、最大震度4を3度観測するなど断続的に揺れが続いた。

気象庁は、今後1週間程度は同規模の地震が起きる可能性があるとして、注意を呼びかけている。

 

島根県災害対策本部によると、同市大田町の市立病院で、屋上の水槽に亀裂が入り、断水。暖房も使えなくなっているという。同市に対して給水車の派遣を要請している。

同市久手町波根西の苅田神社の鳥居が倒れ道路を塞いでいる。大田署などによると、市内各所で住宅や店舗のガラスが割れる被害も出ている。同市三瓶町の三瓶山の周回道路では、直径約1メートルの落石があり、片側通行になっているという。

午前4時50分現在の同市のまとめによると、道路の隆起・崩壊などが23件。建物のひび割れや壁崩壊などが16件。ライフラインも影響を受け、水道管破裂が23件あり、108戸で断水している。

 

川本署によると、大田市の隣の美郷町では、同町小松地の明光寺の境内で石垣が崩れ、縦30センチ、横70センチ、高さ50センチの岩が落ちた。町枦谷(かたらがい)の町道で土砂崩れがあり、全面通行止め。同町上川戸の町道でも土砂崩れがあり、片側交互通行になっている。

 

引用:

https://www.asahi.com/articles/ASL490HG4L48UEHF12C.html
https://www.asahi.com/articles/ASL4921PSL49PTIB00K.html?iref=pc_rellink