東京都心で積雪10センチ 関東は23日未明まで大雪 23日は日本海側で暴風雪・高波警戒 - 建物診断協会『たてしん』は、地震、火災、大雨、大雪、雹、落雷などの被害にあわれた住宅の火災保険、地震保険の調査、修繕を行っております。

東京都心で積雪10センチ 関東は23日未明まで大雪 23日は日本海側で暴風雪・高波警戒

2018年01月22日

23日正午に予想される雪や雨のエリアと風の予想

 

発達する低気圧の影響で、23日明け方にかけて東日本から東北の広い範囲で雪が降り大雪となる見込み。大雪や路面凍結による交通障害に警戒が必要だ。また、23日は北日本を中心に、暴風雪や高波に警戒が必要となる。

 

日本の南を低気圧が発達しながら東北東へ進み、22日夜に伊豆諸島を通過し、23日は急速に発達し日本付近は冬型の気圧配置が強まる。23日以降は北日本の上空およそ5000メートルに-36℃以下の強い寒気が流れ込み、27日(土)頃にかけて強い冬型の気圧配置が持続する見通し。

 

 

 

23日にかけて大雪警戒

 

22日夕方、西日本と東日本の広い範囲で雪が降り、西日本では標高の高いところを中心に積雪となり、東日本では関東を中心に平野部でも積雪となり、大雪となっている。
北の丸公園(東京)では22日午後5時2分に10センチ、横浜市で午後5時4分に8センチの積雪を観測した。

 

西日本は22日夜遅く、東日本の太平洋側は23日未明、東北は23日明け方にかけて大雪となる見込み。大雪や路面凍結による交通障害に警戒するとともに、湿った雪による電線や樹木への着雪にも注意が必要だ。

 

■23日夕方までの降雪量(多いところ)
北陸              50センチ
北海道、東北、甲信、東海    40センチ
関東北部            30センチ
近畿、関東南部(23日未明まで) 20センチ
東京23区(23日未明まで)    10センチ

 

23日以降は、日本付近は冬型の気圧配置が強まり、東北日本海側と北陸を中心に大雪となるおそれがある。日本海側の大雪は27日(土)頃にかけて続くため、大雪による交通障害やなだれに警戒・注意が必要だ。

 

暴風雪・高波

 

23日に日本海を急速に発達しながら北東へ進む低気圧の影響で、北日本日本海側と北陸を中心に、雪を伴った非常に強い風が急に吹き、猛ふぶきとなり、海は大しけとなる見込み。

 

■23日に予想される最大瞬間風速
北陸、東北、北海道   35メートル

■23日に予想される波の高さ
北陸、東北、北海道   6メートル

 

北日本日本海側と北陸地方を中心に、猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害、暴風や高波に警戒が必要だ。

 

引用:yahooニュース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180122-00010004-wmap-soci